建設業許可申請の代行を任せるなら、専門家の行政書士にお任せ下さい

建設業とは

  • HOME »
  • 建設業とは

建設業とは何か。まずは建設業・建設業者の言葉の意味を伝えます。

建設業と建設業者の定義

建設業とは、元請や下請の別に関係なく、建設工事を請負う仕事のことを言います。

また、建設業者とは、建設業法第3条1項の許可を受けて建設業を営む者のことをいい、

警備な工事のみを請負うものは、建設業法上の建設業者とはいいません。

 

許可を受けなくてもできる工事

建設業者の育成を行い、建設工事の適正な施工の確保と発注者の保護を図るため、建設業を営むことができるのは施行能力と資本に信用がある業者でなければなりません。

このため、建設業法では建設業を始めるには軽微な工事を行う場合を除き、建設業の許可を受けなければならないとされています。

建設業法でいう軽微な工事とは、工事1件の請負代金の金額が、建築一式以外の工事にあっては500万円未満の工事、建築一式工事にあっては1500万円未満又は延べ面積が150㎡未満の木造住宅の工事になります。

 

建設工事とは

建設業法でいう建設工事とは、土木工事に関する工事で建設業法別表第1の上欄に掲げるものとされています。

一般的に建設工事とは、土木工事のほか建築工事を指しますが、建設業法では

 土木工事に関する工事

と規定されているのです。

したがって、ここではより広い意味に解釈し、設備工事や施設工事も含まれるものと理解されています。

 

建設業者建設業を営むもの

建設業者とは建設業許可を受けて仕事をしている者を指しますが、許可を受けなければならないのに無許可のまま仕事をしている業者や、軽微な工事のみを請負う業者は、建設業法では建設業を営む者という用語を使い、区別しているので注意が必要です。

 

法人と個人

建設業許可は、法人でも個人でも取得することができます。

法人とは、株式会社や有限会社、協同組合、合同会社などを指します。

個人とは、個人の事業者のことです。確定申告が、青色や白色かは問いません。

PAGETOP
Copyright © 赤田法務行政書士事務所 All Rights Reserved.